学院部(1年制)

学院部(1年制)

基礎から仏教を学ぶ

浄土真宗本願寺派の僧侶にとって必要な真宗学、仏教学、勤式作法等を1年間かけて基礎から学びます。同じ教室で学びを共にする法友との出会いは一生の宝物となります。

また、初めて仏教を学ぶ方、人生への問いを仏教を通して聞きたい方、浄土真宗に関心のある方ならどなたでも学んでいただくことが出来ます。

開講科目

  • 真宗要論
  • 本典概論
  • 安心論題
  • 七祖概論(上三祖・下四祖)
  • 三経概論
  • 和讃要義
  • 歎異抄
  • 聖典講読演習
  • 仏教要論
  • 宗教要論
  • 仏教各宗(天台/華厳・唯識/俱舎)
  • 真宗史
  • 日本仏教史
  • 印度中国仏教史
  • 布教伝道学
  • 布教実習
  • 勤式

※年度により科目を変更することがあります。今年度の開講科目は、講義概要をご覧ください。

入学資格

  • 高等学校卒業者
  • 浄土真宗本願寺派の仏教学院(中央仏教学院および地方仏教学院)予科修了者
  • 上記と同等以上と認められた者

特典

卒業者は、得度習礼講習会・得度考査免除、本願寺派教師教修出願講習会免除。

卒業生の声

岩田明子

2019年度学院部卒業

岩田明子私はお寺に生まれましたが、仏教を学んだ経験はなく、社会人生活を送ってきたのですが縁あって、浄土真宗を体系的に学びたいと考えるようになりました。

入学してまず分かったのは「浄土真宗の教えは、これまでの勉強法や知識の集積、分析的手法が通用する世界ではない」ということでした。これには少々戸惑いました。行信教校での学びは「阿弥陀様のおこころを聞かせていただく」ことに尽きる。そう心に沁みるようになったのは、前期の授業を終えた頃です。

また、自らの仏道を歩まれている先生・先輩方の姿を目の当たりにさせていただくことは、私にとって大きな宝となっています。同期は年齢、国籍、学歴、キャリアは様々ですが、友人の言葉を借りれば、共に阿弥陀様のお育てにあずかっている兄弟です。仏法を生き生きと伝え・聞かせていただく場所。この学校に出遇えた喜びを、じんわりと感じています。

豊田悠

2016年度学院部卒業

豊田悠私は行信教校に入学する以前は会社勤めをしていて、仏教や浄土真宗についての知識がほとんど無く不安でした。しかし入学してみると学生、主婦、会社員、国籍も色々、様々な年齢や環境の方々がいて驚きました。この学校では「仏さまのもとで、共に学ばせていただきましょう」という姿勢をとても大切にしていて、人と人の間に垣根がないような、そんなあたたかい雰囲気がありました。

在学中は同級生、先輩、先生方のやさしさに支えてもらい、卒業する頃には「自分で生きている」と思っていた私が、実は「生かされている」そんな大切な命を頂いている、かけがえのない存在だったんだなぁと知らせて頂くようになっていました。仏さまと共に心豊かな人生を歩み、生かされていくことってすてきだなぁと思います。